切り文字について

切り文字(カッティングシート)とは?

色のついたフィルムを文字などの形にカットしたもので、裏に糊がついており貼り付けることができるシールのことです。ガラス面に貼ることができます。その他、アクリル板や、アルミ複合板に貼って看板にしたり、マグネットシートに貼って車につけることもできます。

切り文字(カッティングシート)製作から発送までの流れ

1.データ作成

2.デザインのご確認

3.製作

4.かす取り作業

5.転写紙を貼る

6.端を切る・切り分ける

7.貼り付け

切り文字(カッティングシート)の特徴として

☆フィルムにもよりますが、印刷ではないので色ムラが無く仕上がりがとてもキレイ
☆インクを使わないのでにじみが無く境目が非常にハッキリ・クッキリ
☆サイズなどにもよりますが、安価で作成でき、けっこう長持ちする
☆特殊な色や質感など、印刷とはひと味違うビジュアル表現が可能
☆ガラスなどに貼っても文字だけなので、ふちや文字間の透明部分など余計なものがない
☆必要な分、1枚だけの注文もOK

★細い線や細かな点、複雑な線画などの形は苦手
★デジカメなどの画像の場合、そのままでは使えないのでカット用のデータに変換する作業が必要(「トレース」といいます。当店で承っております)
★決まっている色しか無いので、使いたい色と合わない場合がある
★写真画像やグラデーション、色数の多い重ね合わせなどの表現ができない