貼り方_乾式編

乾式の貼り方ページです。1文字が、ヘラの幅サイズくらいまでの文字を貼る時にお読み下さい。
貼り方ページへの案内

動画で見る 乾式貼り_基本編

動画で見る 乾式貼り_応用編

切り文字の構造

画像で見る 乾式貼り

1.道具を用意する

〈準備するもの〉
・メジャーや定規
・マスキングテープ(セロハンテープでも可)
・ヘラ(商品と同梱)
・はさみ
・タオル2枚

2.貼り付け面をきれいにする

シールの剥がし跡は、ホームセンターで売っているシール剥がしや灯油で取れます。
使用後は中性洗剤と水で、貼付け面の油分を良く拭き取って下さい。その後、乾拭きをしてください。

3.位置決めをする

メジャー等で位置を割り出し、テープで仮止めをして、全体のバランスを見ます。
次に1辺をテープで止めます。下辺に止めると後の作業が、安全かつスムーズに進みます。

4.シートに切り込みを入れる

文字を切らないように注意しながら切り分けます。
複数一緒に切り分けると、作業効率が良い場合もあります!
※ヘラの幅に収まる程度に切り分けると貼りやすいです。

〈複数行の場合〉
行間に切り込みを入れ、分けると貼りやすくなります。

5.台紙をゆっくり剥がす

シートを裏返します。
台紙を180度折り返すように転写紙の方へ押しつけながら慌てず、ゆっくりと剥がします。

6.シートを戻しながら貼る

利き手でヘラ、反対の手でシートの端を持ちます。
シートにヨレやシワが出ないように、ヘラで端から少しずつこすって貼ります。ヘラの方にグッと力を入れて常に一定の力を均等に加えて下さい。

7.転写紙をゆっくり剥がす

全て貼り終えたら、転写紙をゆっくり180度折り返すように剥がします。
※剥がした後に、ヘラで強く擦るとキズがつきやすいです。

8.完成です!

商品に同封する貼り方用紙(乾式貼り)

貼り方用紙 乾式おもて 貼り方用紙 乾式うら

貼り付け後の仕上げ

切り文字(カッティングシート)仕上げ残った水や空気は針などで突いて穴を開け、そこから空気や水を押し出します。この時も強く押し出すとシワになりますので、ゆっくり押し出してください。小豆大くらいの空気の残りであれば、数日くらいで自然に抜けるので、特に気にする必要はありません。
ゆるいシワはドライヤーであたためて無くすこともできます。熱くしすぎると、シートが縮むのでご注意ください。切り文字の剥がし方は、剥がし方のページをご覧ください。

カッティングシール・シート、看板作成│切り文字屋オッケイ!
タイトルとURLをコピーしました